子宮頸がん予防ワクチン定期予防接種期間が延長されました

 

子宮頸がんの原因であるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を予防する、

子宮頸がん予防ワクチン<ガーダシル>の定期予防接種の接種期間が延長されました。

公費対象者である大阪市民の小学校6年生から高校1年生相当の女子は無料で接種できます。

また、接種機会を逃した方に対するキャッチアップ接種についても令和4年4月1日から開始されます。

平成9年4月2日から平成18年4月1日生まれの女性

接種期間:令和4年4月1日~令和7年3月31日

●接種回数      半年間に3回。

●接種のタイミング  1回目→2回目 1回目の2ヵ月後
           2回目→3回目 1回の6ヶ月後 

公費接種対象を外れてしまいますと

任意接種16000円×3回の負担が発生します。

期限までに接種できるようスケジュールを確認の上

ご希望の方は電話でのご予約をお願いします。尚、未成年の方は保護者同伴が原則です。

子宮頸がん予防ワクチンについて詳細な情報は下記のホームページなどをご参照下さい。

日本産科婦人科学会:高校1年生の女子と保護者の方へ

日本産科婦人科学会:子宮頸がんとHPVワクチンに関する正しい理解のために

厚生労働省ホームページ:ヒトパピローマウイルス感染症(HPVワクチン)

尚、当院では子宮頚がん予防9価ワクチン【シルガード9】もお取り扱いしております。

シルガード9のご案内

2021年11月17日

PAGETOP